指しゃぶりをやめさせる

Como prevenir chuparse el dedoHand Stopperは肘を曲げづらくし(角度100度未満)、口に親指が完全に入ることを妨げます。以下の図でNIPITがどのような仕組みになっているかをご確認ください。

  • 子どもの指しゃぶりをやめさせ、防止するグッズとして、歯科医から一番評価されています
  • 壁かけカレンダーとシールが付いていて、子どものやる気を高め、進捗状況が一目で分かります

NIPITは子どもの感じやすさを念頭に設計されているため、子どもの肌に触れるところは「ふわふわ」です。NIPITはその効果だけではなく、着け心地がよく、見た目にもかっこよく作られているため、子どもも着用するのを嫌がりません。NIPITは子どもの指しゃぶりをやめさせる実績を持っています。

理想的な指ガードは、まず指を吸わせないようにし、着用が外れることなく、安全なものです。簡単に脱げてしまう指しゃぶり防止用手袋や、変わった成分を含むマニキュアはお勧めしません。

着け心地

  • 2~7歳の子ども向け。左右どちらの腕にも着用できます。ユニセックスなデザインで男女兼用。調節可能。
  • 肘近くの腕周りは5~9インチ(14~22センチ)

特徴

  • 特許出願中の「ストッパー(stopper)」は肘を強く圧迫して、100度未満に曲がらないようにします
  • 他の製品のように親指や指を覆うものではありません
  • 着用した後にはずれたり、ずれたりすることがありません
  • よだれや汚れが付きにくい
  • 柔らかく、水洗いできます
  • オプションで大人だけが外すことのできるイージーロックシステム(Easylock System)が利用できます
  • 成功カレンダーとやる気を引き起こすシール付!

付属品

  • 調節可能なエルボーラップ 1点 (NIPIT)
  • 子どもが外すことのできないイージーロックシステム用使い捨てひも 20点
  • 保護者用ガイドブック・成功カレンダー 1部
  • シール 48枚

NIPIT の仕組み ****

Succión del dedoNIPITの特許出願中の設計によって、「簡単に」指を口に持っていきづらくなっています。NIPITの装着中は、肘の可動域が約100度となります。指そのものを覆うのではなく、肘に装着することで、子どもは問題なく日常的な普段どおりの活動を行えます。これが、指ガードや手袋などの他の指しゃぶり防止グッズではなくNIPITが保護者から選ばれている理由です。

NIPITは安全にも気をつけています。この製品は小児専門医、歯科医、歯科矯正医、整形外科医、口腔外科医らによって検査されています。

 

 

2~7歳児用フリーサイズ

Chuparse el dedo y el chupete肘近くの腕周りの長さを測ってください。腕周りが5~9インチ(14~22センチ)であった場合、NIPITの装着に問題ありません。多少であれば、この測定値より大きくても小さくても装着できるでしょう。メジャーを使って肘まわりの長さを測ってください

指しゃぶりをやめさせる方法を学ぶことも1つのプロセスです。同封の保護者用ガイドブックを読み、指しゃぶりをやめさせるための成功カレンダーを使いましょう。NIPITは指しゃぶりにも指吸いにも効果的です。

 

NIPIT の装着方法

Efectos de chuparse el dedoNIPITを装着するにあたって、肘が曲がるところが穴から出るようにしてください。固い「ストッパー」部分は肘を曲げる部分の内側にくるようにしてください。

指しゃぶりの癖をやめさせるには、NIPITが正しく装着されていなければなりません。NIPITが指しゃぶりガードと異なり、どのように効果を得られるかについてはこちらをご覧ください。指しゃぶりナシで問題ナシ。

 

 

仕組み

Parar la succión del pulgar両手で押す

子どもが反対の手で親指を口に持っていこうとするのは、NIPITの使い始めによく見られます。これは気持ちを落ち着かせるための行動にはならないため、そのうち止めるでしょう。

 

 

Chuparse el pulgar

ほんの少し

子どもは手首を曲げて親指の先端を口に入れることができますが、子どもがこの動作をするときに腕に強い圧迫を感じるようにNIPITの製品は設計されています。そのため、この行動は初めの数日でおさまるでしょう。

 

 

Dejar de chuparse el dedo寝ている間の指しゃぶり

これはNIPITを装着していると起こりません

 

 

Succión del pulgar首が前方に押し出される

子どもは首を前方に伸ばし、首の筋を違えることがありますが、これは装着を始めたばかりの頃に見られる症状です。これは不自然な姿勢であるため、すぐに子どもはこの姿勢をやめるでしょう。